お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5233

再診・その他のお問い合わせ

045-410-6837

メールお問合せ

メールお問合せ

お問い合わせ

顎を拡げちゃダメ|横浜市大船の矯正歯科ならアーク矯正歯科クリニック

アーク矯正歯科クリニック
アーク矯正歯科クリニック

顎を拡げちゃダメ

こんにちは
東海道線の車窓からちらっと見える
アーク矯正歯科クリニック です

先日、とある場所でママ友の集団と思われる中から
「いつも見てもらっている歯医者さんで歯並び悪くなりそうだから
顎を拡げた方が良いよって言われたの」と聞こえてきました
よくある会話のような気がしますが注意が必要です
これが矯正医からの提案であれば問題ないのですが
実はよくわからずに話をする歯科医も中にはいるのです
「顎を拡げる」という言葉が広く認知されることで
何でもかんでも拡げれば治るという誤解が生じているのです

顎を拡げる?

なぜ顎を拡げなくてはいけないのか?生えてくる歯の隙間がないからでしょうか?
答えは「NO」です
顎が狭いから拡げるのです
つまり診断の流れは
顎が狭い→歯が歯列に収まりきらない→顎を拡げる という順番で物事は決めなくてはいけないのです
歯が歯列に収まりきらない→顎を拡げる と簡単に診断してしまうと 拡げる必要のない患者さんまで拡げてしまいます

顎を拡げちゃいけない場合もあります

奥歯が前に詰まってしまっている場合や単純に生えてくる場所がずれているだけの場合などは
拡げてしまってはいけないケースになります
他にも不正習癖が原因の場合や骨格的不調和の場合も注意が必要です

拡げてはいけないケースを拡げてしまった結果、臼歯の噛み合わせが合わなくなり
小臼歯を抜歯して歯列を小さくしなくてはならなくなったケースを診たことがあります

まずは矯正医に相談を

かかりつけの歯科医に言われると
昔から診てもらっているし・・・と信じたくもなりますが
不正咬合を指摘されたなら、まずは矯正医に相談してください
そのかかりつけ医に矯正医を紹介してと言えば嫌がらずに紹介してくれると思います

たとえ小さな虫歯や歯肉炎でも 矯正医の多くは一般の歯科医に紹介して診てもらっています
もちろん私もです
専門外の治療について安易に診断を下さないことは大事であると考えます

大船駅 アーク矯正歯科クリニック

初診予約

再診・その他

お問合わせ

PAGE TOP