お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7301-5233

再診・その他のお問い合わせ

045-410-6837

メールお問合せ

メールお問合せ

お問い合わせ

矯正治療前のトレーニングという考え方|横浜市大船の矯正歯科ならアーク矯正歯科クリニック

アーク矯正歯科クリニック
アーク矯正歯科クリニック

矯正治療前のトレーニングという考え方

一般的に矯正治療は専門家の医師に任せる治療のように思われがちですが、実際には患者様と矯正医との連携がとても大切な治療です。なぜかというと、矯正治療は虫歯治療などの一般的な治療のように医院で施術して終わりではなく、おうちに帰られてからも治療が続くことが多いからです。
特にお子様の矯正の場合、お口の“悪いくせ”などが原因で、不正咬合が悪化してしまったり、矯正治療が長引いてしまうことなどがあります。
また、悪くなってから突然治療を始めた場合、矯正装置や矯正生活などがお子様にも親御様にも慣れない負担となってしまうことがあります。

トレーニングってどんなこと?

将来、悪い歯並びにならないために低年齢時に限ってのみ行える、矯正治療の予防的トレーニングです。
当院では矯正前のトレーニングを二つの理由でおすすめしています。

  • 歯並びが悪くなる可能性をできるだけ少なくする
  • 矯正治療が必要となった場合、できるだけストレスなく受けられるようにする

歯並びが悪くなる可能性をできるだけ少なくする

現在のお子様のお口をご覧になって、「きれいな歯並びだ」と思われている方は多くいらっしゃると思います。しかし歯並びが悪くなる原因は大きく分けて二種類あり、一つが「生えてくる時にズレてしまうもの」、もう一つが「生えてからズレてしまうもの」に分けられます。
このうち「生えてからズレてしまうもの」は、せっかく綺麗に生えてきた歯が、お子様の悪い噛みくせや舌癖などが原因で少しずつズレてしまうケースが多くみられます。これらは親御様の目から見てなかなか判断がしにくく、学校に行っている間や寝ている間にひそかに起きていたりします。
このような潜在的な問題をあらかじめ減らすことで、将来不正咬合になることを予防したり、悪くなる程度を軽くしたりすることができます。仮に矯正治療が必要になってしまったとしても、その効果を高めることによって治療期間を短くしたり、かかる費用を抑えたりすることが出来ます。

矯正治療が必要となった場合、できるだけストレスなく受けられるようにする

矯正治療をご経験された方は体感されたことがあるかと思いますが、本格的な矯正治療とは慣れるまで決して快適なものではありません。それでもきれいな歯並びにはかれられないと、皆様と矯正医とでパートナーになり頑張って治療に取り組みます。
そんな矯正治療をある日突然始めることは、お子様の目線ではどのように感じるでしょうか。当院では大人でも時に辛く感じる治療を、お子様が慣れずに始めることは、大変大きなストレスを与えてしまうことにつながると考えています。また専門的に見ても、矯正器具に対してストレスがあると気になって舌で触れてしまうことがあり、装置の脱落や治療効果の低下、使用時間の減少など、治療効率の低下につながりかねません。
当院では子供の予防的矯正治療にも力を入れており、できる限り治療に関わるお子様全員にストレスなく受けていただきたいと思っています。
そのためにも、まずお子様に“お口の中に装置がある状態を体験していただくこと”で、治療の習慣そのものに慣れていただき、将来矯正治療を行った場合にもストレスなく治療を終えてもらえるようになると考えています。

このような方におすすめします

  • 矯正治療を積極的にするまでもないけど、将来の歯並びのために良い事をしておきたい
  • 本人が矯正治療を嫌がっているけど、将来が心配
  • 本人が歯医者を怖がっていて治療に乗り気でないけど、歯並びを少しでも良くしたい
  • 舌の癖のある人、発音の悪い人、将来反対咬合(受け口)になりそうだから心配な人
  • 歯科恐怖症を克服させておきたい
  • 本人の負担を少なくしたい
  • 出来れば装置を着けたくない
  • 低価格で治療したい

次のようなケースはトレーニングで改善する可能性があります。

日ごろお子様の何気ない一瞬に、次のような癖や動きは見られませんか?もしみられる場合は、トレーニングで改善できる可能性があります。

  • 口呼吸(寝ている間のものも含む)
  • 指しゃぶり
  • 逆嚥下(嘔吐のような癖)
  • 舌のつき出し
  • 叢生

詳しくは当院までお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

初診予約

再診・その他

お問合わせ

PAGE TOP